Webデザイン事務所のKappAmigo

 
   

WordPressアドレス (URL)を変えてしまったら

一般設定にあるWordPressアドレス (URL)ここを変えてしまうと、投稿や修正ができなくなってしまいます。

××に変えてみました

上のようにWordPressアドレス (URL)を「https://kappamigo.com/sample」から「https://kappamigo.com/××」変えてみたとします。
すると、WordPressにログインしようとしても、404エラーになって「Object not found! 要求されたURLは本サーバーでは見つかりませんでした。」と表示されます。

ひゃ〜、困りましたね!ダッシュボードにも入れないから、一般設定で変えることもできません。
私もWordPressアドレスを変えてしまって「せっかく作ったのにやり直し!?」とアセった経験があります(>_<;) そんなときはFTPソフトを使って、ローカルで「wp-config.php」を修正すると開けるようになります。

「wp-config.php」を修正する方法

1 FTPソフトを使ってWordPressがインストールしてあるフォルダ内から「wp-config.php」を探して、テキストエディタで開きましょう。
WordやWindowsのメモ帳はトラブルになった事例があるそうなので、使わないでくださいね。

wp-config.phpを開く

2 開いたら、
/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */
より前に

define(‘WP_SITEURL’, ‘http://WordPressアドレス’);

を入力してください。

もともとのWordPressアドレスが「https://kappamigo.com/sample」だったので、今回の例だと、
[html]define(‘WP_SITEURL’, ‘https://kappamigo.com/sample’);[/html]
とします。末尾に「/」を入れてはダメですよ。

3 変更して保存したら、もう一度ログインしてみましょう。無事に開けましたか?
一般設定を見てみます。

WordPressアドレス (URL)が元通り

WordPressアドレス (URL)の部分がグレーで変更できなくなっています。
Codex:WordPress Codex 日本語版の中に

wp-config.php でこの値を設定すると、wp_options テーブルのoption_value siteurlの値よりも優先され、管理パネル > 設定 > 一般設定画面の「WordPress アドレス (URL)」欄は無効となります。

と書いてあります。
つまり「wp_optionsテーブルのoption_value siteurl」よりも「wp-config.php」の値が優先されます。「wp-config.php」にその値が書き込まれているので、変更ができなくなっているんですね。

wp_optionsってなんだろう

「wp_optionsテーブルのoption_value siteurl」と言われても意味が分からないですよね。それでは、実際に見てみることにしましょう。
プラグインを使うことで、「wp_options」の内容が見られます。

プラグインから「新規追加」を選び「WP-Options」で検索し、インストールしたら有効化します。

プラグインインストール

インストールしたら、メニューバーの下のほうに「WP-Options」という項目が出てきます。その中から「WP-Options」を選びます。

wp_options

ずらずら〜っと、たくさん書いてありますね。この中の「siteurl」よりも「wp-config.php」の値が優先されるということです。

»

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページTOPへ