Webデザイン事務所のKappAmigo

 
   

サイトのタイトルやキャッチフレーズなどを「一般設定」で変更する方法

WordPressをインストールしたら、最初にやっておきたいのが一般設定です。

一般設定画面の表示方法

メニューバーに設定がありますので、カーソルを合わせると一般というのが出てくると思います。
クリックをすると一般設定画面が表示されます。

ippansettei_1

一般設定方法

ippansettei_2

① サイトのタイトル
WordPressをインストールするときに入力しましたが、サイトのタイトルはここでも変えることができます。

② キャッチフレーズ
「Just another WordPress site」と初期値で入っていますが、自分のサイトに合ったキャッチフレーズに変えておきましょう。

③ WordPress アドレス (URL)
WordPressをインストールしている場所です。
レンタルサーバー上の「kappamigo」のフォルダ内に、「sample」という名前のWordPressフォルダをインストールしましたので「https://kappamigo.com/sample」となっています。

ここを変えてしまうと、ログインできなくなってしまうので変えないように!
WordPressが開けなくなって、あせりました……(T_T)

④ サイトアドレス (URL)
ホームページのアドレスです。たとえば、サブディレクトリを「/sample → /test」に変更すると、WordPressのインストールのときに入力した画面に戻り、再設定する必要がでてきます。

wp_settei_6
ここも変えないでおきましょう。

⑤ メールアドレス
インストールしたときに入力したアドレスです。WordPressを使うときに基本となるアドレスです。ここはいつでも変えられます。

⑥ メンバーシップ
メンバーシップというのは会員制サイトにするときに使います。
「新規ユーザーのデフォルト権限グループ」は新規にユーザー登録した人ができる権限の初期値です。購読者や投稿者などが選べます。
一般的なホームページやブログなら、会員制にする必要もないと思うので、チェックは外したままにします。

⑦ タイムゾーン
時刻表示です。日付や時刻の表示方法もここで変えられます。

変更できたら、設定を保存をクリックして一般設定が完了しました。

一般設定の使い方を学んだ本

タグ:

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページTOPへ