Webデザイン事務所のKappAmigo

 
   

WordPressのクイックインストール手順(例:さくらインターネット)

レンタルサーバーと契約をしたら、WordPressをインストールしてみましょう。
私の契約しているさくらインターネットを例に手順を書いていきますね。

さくらインターネットにログイン

1 さくらインターネットを契約するときに取得したドメイン名とパスワードでログインします。
パスワードは仮登録のお知らせメールで【サーバパスワード: ○○○○○○○】と来ていると思います。

さくらインターネットログイン

2 ログインすると、コントロールパネルが開きます。

コントロールパネル

データベースの設定

1 コントロールパネル内のアプリケーション設定から、「データベースの設定」を選びます。

データベースの設定
2 データベースの新規作成を選びます。

データベース
3 WordPressをインストールする場所、データベース名を設定します。

データベース新規作成
データベース名:
自分で設定したアカウントの後ろにデータベース名を1文字以上16文字以内で設定します。
データーベース文字コード:
Web上では、Unicodeが主流となってきていますので、UTF-8を選びます。

データベースを作成するをクリックするとデータベースができあがりました!

クイックインストール

WordPressをインストールするのに一番簡単な方法がクイックインストールです。手順に従っていくだけで、すぐにインストールができます。

1 コントロールパネルの運用に便利なツールから「クイックインストール」を選びます。
クイックインストール

2 カテゴリーメニューから「ブログ」を選びます。
クイックインストール_2

3 「WordPress」を選びます。

クイックインストール_3

4 ライセンス、規約を読んで問題がなければインストールします。

クイックインストール_4
確認:チェックする
インストール先:
ドメイン名を指定して、「/」以降にサイトに使う文字列を入れます。
データベース:
作成したデータベース名を選びます。
データベースパスワード:
データベースのパスワードを入力します。(パスワードを忘れた場合は、データベースの設定で再設定が可能です。)
テーブルの接頭語を入力してください:
「使用するテーブル名の先頭に付ける文字列です。1つのデータベースを複数の WordPress やその他アプリケーションで使用する場合は、使用するテーブル名の重複を避けるために異なる文字列にて指定します。」と、さくらインターネットのマニュアルに書いてありますが、そのままでも大丈夫です。

クイックインストールはインストール先で「/」以降を入力しないといけないので、サブディレクトリ形式となります。https://kappamigo.com/サブディレクトリ/ 赤色の部分までがサイトURLになる形式。
取得したドメイン(https://kappamigo.com)で運用したい場合は、WordPressをダウンロードしてやってみましょう。
クイックインストールを使わないインストール方法はこちら

5 入力したら「インストール」をクリックします。「WordPress インストール完了」と出ますので、インストールができました。

クイックインストール完了

WordPressの設定

次にWordpressを使うための設定です。
1 「アプリケーションの設定へ進む」をクリックして設定画面に移ります。
ワードプレス設定
サイトのタイトル:作成するサイトのタイトルです。
ユーザー名:
初期設定は「admin」になっていますが、セキュリティが心配なので変えるようにしてください。
パスワード:
推測されにくいもので、2回入力します。WordPressにログインするときに必要になります。
メールアドレス:
設定が完了したら、このアドレスにWordPressから登録完了メールが届きます。
プライバシー:
検索エンジンによるサイトのインデックスを許可しないと、googleやyahoo!で検索してもヒットしませんので、チェックを入れ忘れないようにしましょう。検索されたくない場合はチェックを外します。
2 WordPressのインストールをクリックしたら完了です。

ワードプレス設定完了

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ページTOPへ